7


健康面や安全面を考慮して、木のスパチュラやスプーンを使いたいというご家庭も多いのではないでしょうか。 しかし、使った後にすぐに洗っても、時間が経つと頑固な汚れが蓄積されていくことがわかります。 どうしてもきれいにならない場合は、新しいものを手に入れることをお勧めします。また、その場合でも、このような木製の道具を洗浄・消毒して、臭いを消すための賢い方法があります。

まず、洗う。 1つ目は、木のスプーンやスパチュラを使うたびにぬるま湯で洗うこと。 水に浸すと雑菌が繁殖し、木の道具が割れてしまうことがあるので、水に浸すのは好ましくありません。 このような木製の道具を洗うときは、中性洗剤を使って手洗いするか、スポンジや柔らかい布など、木製のスプーンやスパチュラを傷つけないような掃除道具を使うことをおすすめします。 木製の道具を食器洗い機で洗わないでください。急速乾燥機能により、木製の道具の表面が傷つきます。 木の道具を洗った後は、自然乾燥させるのではなく、きれいなタオルで乾かしてから仕舞うことをお勧めします。

2つ目は、除染と消臭です。 重曹とレモン汁は、木製のスプーンやシャベルなどのスパチュラの臭いを消すだけでなく、掃除のしにくい汚れも落としてくれます。 スプーン1杯程度の重曹を木の道具の表面に注ぎ、道具の大きさに応じて量を増減させます。 レモン汁があれば、重曹の表面に絞っておくといいでしょう。 ない場合は、直接水を加えてよくかき混ぜる。 重曹とレモン汁を浸透させるために、木目を目安に指やきれいな布で調理器具の表面をこする。 最後に、木製の道具を水で洗います。 汚れが完全に落ちていない場合は、完全に汚れが落ちるまで上記の手順を繰り返します。 汚れがひどい場合は、重曹に粗塩を少々加えますeco cutlery

3つ目は、お酢。 臭いがひどい場合は、酢を使って木工品を掃除することもできます。 お湯とホワイトビネガーを1:1の割合で混ぜ、木工品をビネガー水に30分ほど浸し、最後にお湯で洗い流して水分を拭き取ります。

4つ目は、メンテナンス。 木べらやスプーンなどの道具の表面がザラザラになってきたら、サンドペーパーで少しずつ磨いていきましょう。 その後、キッチンペーパータオルや清潔なタオルを使って、木の道具の表面に食用油を薄く塗ります。 20分後、きれいなキッチンタオルやペーパータオルで拭いてください。 定期的に木製品の表面に油を塗っておけば、木製品の寿命を延ばすことができます。

精選文章:

木質餐具和廚具的保養技巧

各種材料的餐具有什么區別?餐具用什么材料最好?

木製食器を安心して長く使うためには、次の5つのポイントを軽視してはいけません