そ、それはともかく、この青木って言うのは相当頭のいい人なんですよね。右京とのチェスのシーンでそれを描いていると言うわけですね。 忠犬だった米沢さんとは違う情報担当、いろいろと使えそうですね網上推廣。 彼は副総監の衣笠の強力なコネがあったみたいなのですが、この二人の関係もなんかありそうですね。 衣笠がカイトパパ(敢えて言ってみました。)の峯秋に 「ご子息の事ではとんでもない事に・・・」のような、ことを言ったじゃないですか。 しくない事だし、それに触れるって事は傷口に塩を塗るようなもの。衣笠は今の段階ではそういう人なんですよね。 ただ私、この「ご子息」と言うのは、なんか暗示のように感じたのですよね。 まったく関係ないかもしれませんが、後出しじゃんけんは嫌なので、一応書いておきますね。 青木が半端じゃない警察嫌いなのは、理由があるはずなのですから通渠。 そして本編の感想ですが、今回は「シン・相棒」の全体観を見せるための回であって、スペシャルにふさわしいような事件ではなかったように思います。内容よりもゲストの山本陽子さんの役が、なんとなく気の毒に感じてしまいました。 年齢的には問題がなくても、もっとお綺麗な役で登場してもらいたかったなあ。 もしくはトヨ(山本陽子)の怪しさをもっと前面に出して欲しかったかもしれません。 だけどこのお話自体は、あまり嫌いではありません。 守ると言うことは、その罪から逃してあげる事ではなかったのですね。 重ねてしまった罪の重さに耐えられずに来栖初恵(小野ゆり子)は・・・・・。 こんな結末になってしまっては、もしトヨに本当に人を呪い殺す力があったならば、右京はちょっと危ないんじゃないかなって思いました。 社と甲斐峯秋の尽力があって、無事に(?)特命係に戻って来た亘。 名札が音を立てて掛けられました。 このシーンが良かった ! こういう細かい演出は大事な事だよなって、本当に思います。 と言うわけで、第二話はもう明日ですね。 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!