逸話:

生活水準の向上に伴い、食生活に気を配る人が増えてきており、中でも低脂肪食や低炭素食が人気です。 同社の最大の目的は、脂肪分を含まない低脂肪食を提供することです。 このような状況の中で、当社は、お客様のご要望にお応えするために、様々な工夫を凝らしています。

解釈:

では、以下のように解釈しています。

低脂肪食とは、食事の総カロリーに占める脂肪の割合が30%以下、または1日の脂肪摂取量が50g以下の食事のことです。 生活の中で本当に避けたい、減らしたいのは、バター、内臓、揚げ物、保存食などの高脂肪食品の摂取です。

低脂肪食は、脂肪分の多い肉類、動物の内臓、家畜の皮、魚類、エビ類、カニの卵黄などはおすすめできません。 実際、魚、家畜の赤身の肉などの脂肪は高くなく、特に魚は、脂肪が少ないだけでなく、魚に含まれる脂肪は、心臓血管の保護、視力向上のための網膜の維持、その他の不飽和脂肪酸にも役立ちますので、定期的に魚を食べることをお勧めします。特に、深海魚、マグロ、ウナギ、イシモチ、ホタテなどがお勧めです奇味雞煲

実は、体内の脂肪は、熱を供給し、内臓を保護し、体温を維持する優れた細胞内貯蔵物質です。 さらに、脂肪は脂肪分を含むビタミンの吸収を助け、体のさまざまな代謝活動に参加します。

低脂肪食は肉を食べないこととは違いますが、健康的な低脂肪食を行うにはどうすればよいのでしょうか? 日常生活では、低脂肪食は3つのレベルに分けられます。軽脂肪食は1日の総脂肪摂取量が50g未満、中脂肪食は1日の総脂肪摂取量が40g未満、重脂肪食は1日の総脂肪摂取量が20g未満のものを指します。

臨床医や健康管理士の推奨に基づいて適切なレシピを開発し、脂肪分の少ない食品を選ぶことができる良い食習慣を身につけることができます。 脂質を適度に摂取してこそ、体に必要な栄養を確実に摂取することができ、適度な栄養補給が可能になります。 ニーズに合わせて様々なグレードを選び、自分だけのレシピを見つけることができます。

文章精選:

著涼怎么辦?感冒分為寒熱的選擇

你對雞肉了解多少?

正しいダイエットの姿勢:1増、3減、1避

赤ちゃんの湿疹をどうするか

湿疹が自然に治るまでの期間や注意点について